Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Staff    Contact

 

GIRASOL(ジラソル)の活動歴と、名前の由来


来日の経緯と活動歴

ザビエ・ベトコートは2000年の秋、初めて来日し、Girasolの母体となったクロニック・スチューデンツ主催で、「ザビエ・ベトコートの占星術」という2日間のワークショップが開かれました。クロニック・スチューデンツでは、数多くのワークショップの企画運営に携わっていますが、ロルファーであり、講師をしていたミミ・バーガーが、自分を探求するのにボディワーク以外にも有効なものがあるわ、と紹介してくれたのが、メキシコ在住の占星術師ザビエ・ベトコートでした。以来、毎年1~2回のペースで来日をはたし、日本のみなさんへのサポートをし続けています。


名前の由来

日本におけるザビエ・ベトコートのスタディグループの核をつくるにあたり、ザビエからの助言もあり、『GIRASOL』と名づけました。2003年からこの名称で活動しています。

girasol とはスペイン語で「ひまわり」という意味です。スペイン語ではヒラソルと発音するようですが、ヒラgiraは回ること、ソルsolは太陽の意です。

太陽に向かって咲くひまわりのごとく、明るく輝ける花のように生きられるようにとの願いを込めて、この名をつけました。

そして、太陽は「私自身」のシンボルでもあります。私たち一人一人が自分の「太陽」そのものを生ききることができるように、との想いも込められています。

このことは、GIRASOLの活動主旨であり、基盤になっているコンセプトです。

一人一人が自分自身を受け入れ、あるがままに人生を謳歌する

そんなあり方を見つけるためのサポートをさせていただくことが、ザビエ本人と我々スタッフのスタンスであり願いです。