Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Contact

 

ザビエ・ベトコートより新年のご挨拶 2016


この地球で生き延びることに希望を失いかけると、私はかつて友人が語ってくれたある言葉を思い出すのです。「悪は自ら宣伝したり目立つように売り込むことを必要とするけれど、善はそんなことを必要としない」


悲観的になる方が楽なこともあるけれど、私たちは日々、自身の毎日を向上させ、能力を発展させ、人を愛し、日々の仕事を責任を持って行うことに最善を尽くしてきていますよね。けれども、朝、目を覚ました時、テロや戦争や不正の恐ろしいニュースが流れていることが珍しくないのが実情なのです。そんな時、私たちの日々の努力や信念が、恐怖の津波のように押し寄せて、もろとも崩れさってしまうように思われるのです。


怒りや恐れ、落胆によって引き起こされるこの不安感にどう対処したらよいのでしょうか?この世の苦悩や奴隷制度や犯罪が私の魂や心の中に作り出す失望感をいったいどうやって克服し得るというのでしょうか?


人それぞれ独自のやり方があると思います。私の場合は、クンダリニーヨガや祈り、茶道、あるいは本格的に深く学問し研究すること、そしてよく働くことを習慣づけることで対処しています。けれども人類に希望を見出せなくなったら、これらのことは全てが意味を失ってしまうということも分かっています。希望を失うということは、即ち、生きる目的を失うということに等しいと思います。


最悪の事態に陥った時、きっと声が聞こえて来るでしょう。「決して諦めてはなりません。覚えておきなさい。いったん自分自身と契約を結んだなら、全てのことには意味があり、同時に全てのことに意味などないのです。意味を決めるのはあなた自身なのです。望まない出来事が何故起きるのか理解できない時に、起こる理由などないのだと片付けるのでなく、ただ、あなたには全てを同時に観て理解することはできないのだから、あなたは求め続け、行動し続けなければならないのです。」と。


話が最初に戻りますが、悪というのは常にでき得る限り騒ぎを起こすようにするわけなのです。悪はたくさんの醜悪な出来事を必要とし、私たちを脅かさせ、希望を諦めさせるために、公に現れ出てくるのです。逆に世界で行われる善行や寛大な働きのその多くは顧みられず、知られることないままにされてしまうものなのです。


悪を否定したり、恐怖に脅かされたり打ち負かされたりしていないと見せかけるのではなく、私たちに求められるのはそれらにどう対応するかということです。勇気を持って行動し、光と繋がることを思い出すということなのです。時には、光を見失ってしまうこともあります。けれども光は必ず存在し続けています。自分の心の中に、です。私に為せるのは、ただ息を深くして、自分を強く保ち、光を求め続けるだけです。


いまいちど命に繋がり直し、キャンドルに火を灯し、私たちがみな希望で満たされますようにと神に祈りつつ、新年のお祝いをしたいと思います。


新年あけましておめでとうございます! 


ザビエ・ベトコート


───────────────────────────────────────────────────


NEW YEAR’S MESSAGE

         

When I find myself losing hope about the survival of our planet, I always think of the words a friend once told me: ‘Evil needs lots of advertising; Good does not’.  

         

Sometimes it is so easy to give way to dark pessimism; we try, every day to do our best to improve our lives, develop our potential, love mankind, and assume our tasks; but some mornings we wake up with horrible news about terror, war, injustice. At these moments, all our efforts and beliefs seem useless again the constant tsunami of horror.

         

How can I cope with the anxiety provoked by anger, fear and discouragement? How can I overcome the dismay that torture, slavery and crime in the world produce in my soul and mind?


Each person has his or her own methods. In my case, I stick to my habits, yoga kundalini, prayers, green tea, deep serious study and work, lots of work. But I know that all this can become meaningless if I lose hope in mankind; when hope is gone, I lose the purpose of my life.


At the worst moments a voice comes to me: ‘You cannot give up, remember that once you made a contract with yourself, either everything had a meaning or nothing had a meaning. You chose meaning. So, if sometimes you do not understand why despicable things happen, this does not mean that they do not have a meaning, it is only that you cannot see the whole picture; you have to keep searching and working’.

         

Therefore, yes, evil is always trying to make as much noise as possible; it needs tons of scandal, shows and advertising to keep us frightened, to make us give up our hopes.  The good and best actions and generous deeds in the world pass mostly unnoticed and unannounced.


It is not about denying evil or pretending that we are not overwhelmed and confounded with horror, it is about reacting, becoming more courageous, and remembering our contract with Light. Sometimes I cannot see it, but Light is somewhere; that somewhere is in my heart; I only need to breath deeply gather my strength and keep seeking for it.


The main idea of celebrating a New Year is renewing our contract with life, light a candle and pray the gods to keep our hearts full of hope.       


Happy New 2016!


Xavier Betancourt



このメッセージをブログ《XAVIERSIMBOLOS》で読む




ページのtopへ戻るcolumn_vol1.htmlmessage_201501.htmlshapeimage_1_link_0