Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Contact

 

ザビエ・ベトコート 2日間ワークショップ2013


「人間関係セミナー 〜なぜ私たちは不快な関係性に依存するのか?
                                            そのメカニズムを理解しパターンを手放す」


 何故、私たちは自分に辛くあたる人々と友達として関わり続けるのでしょうか?

 誰でも皆、友達だと思っていた人が自分を傷つけたり、屈辱を与えたりするのにも関わらず、何とかその人と友達でい続けようとするという様な不快な状況に身を置いた経験があるのではないでしょうか。そんな時、私たちはその友人の行為を正当化したり、気づかないふりをしたりしますが、その友達のひどい態度は変わらず不快な出来事は起こり続けるものです。このような時、一体何がおきているのでしょうか?

 私たちはこうした人間関係に向かい合うのを恐れたり、または孤独を恐れたりするわけですが、その「友達(だと思っている人、思いたい人)」は実は本当の友達ではないこと、私たちのシャドウがトリックをしかけていること、私たちはそんな不誠実な友達との結びつきを切ることができることを認識することは、痛みは伴いますが、豊かなプロセスとなります。

 人間関係(relationships)というテーマにおいて、殆どのセラピストや理論はパートナーシップや、権威との関係、親子関係、恋人との関係にフォーカスしがちで、友達や兄弟姉妹、隣人や同僚といった二次的な関係性の中に起こる力学を探求していくセラピストや理論は殆どない、もしくは全くないのが現状です。

 今回のワークショップでは、私たちが不快な人間関係に依存するメカニズムと理由を、あらゆる事例を通じて、理解していきたいと思います。もちろん占星術的な解釈も含めていきます。(一般に人間関係のあらゆるテーマは風のハウスと関連があります。)そして、その様な不健全なパターンを変容させ、今後そのようなパターンに再び落ち入らない方法をご紹介します。


  (※レジュメ全文は、下方にあります。) 
※ 今月のザビエ・ベトコートのブログ【XAVIERSIMBOLOS】
           
《良い友、悪い友 〜友達との付き合い方》もご参照下さい。              




日時:2013年10月26日(土)〜27日(日)10:00~17:00

会場:スペースミネルバ(地下鉄芝公園駅より徒歩4分) ⇒ GoogleMapはコチラ

東京都港区芝2-12-15 芝大一ビル4F  TEL&FAX : 03-3451-4803

参加費:42,000円(税込み)

最少催行人数:8名様

通訳:高瀬晴子


★☆★お申し込み&お問い合わせ★☆★ 送信先はコチラまで   info@girasol-x.com




レジュメ全文

【意地の悪い友人や不快な人間関係】 


   何故、私たちは自分に辛くあたる人達と友達として関わり続けるのでしょう?

 誰でも皆、友達だと思っていた人が自分を傷つけたり、屈辱を与えたりするのにも関わらず、何とかその人と友達でい続けようとするという様な不快な状況に身を置いた経験があることでしょう。そんな時、私たちはその友人の行為を正当化したり、見ないふり気づかないふりをしたりするものです。その理由は、そんな友人でも何年も友達であったわけだしと考えたり、その友達のひどい態度は何かの間違いであり、今後はそんなことは起こらないだろうと思いたかったりするからですが、実際はその友達のひどい態度は変わらず不快な出来事は起こり続けるものです。もしくは、その人と友達でいることに誇りを感じていたり、その人との繋がりが必要であると考えるために、その人と関わり続けてしまうこともあります。こうした関係を続けていくと、時には友達だと思っていた人に騙されたり裏切られたりといった極端な状況にまで発展してしまうこともあります。

 実際に起こっていることは、私たちはそうした人間関係に真っ向から向かい合うことを恐れていたり、孤独になることを恐れていたりしているのです。さらには、そんな不快な繋がりを、利己的な不安から強化しているのは自分の方なのだという事実に向かい合いたくなかったりもするのです。その「友達(だと思っている人、思いたい人)」は実は本当の友達ではないこと、私たちのシャドウが私たちにトリックをしかけていること、私たちはそんな不誠実な友達との結びつきを切ることができることを認識することは、痛みは伴いますが、豊かなプロセスとなります。

 人間関係(relationships)というテーマにおいて、殆どのセラピストや理論はパートナーシップや、権威との関係、親子関係、恋人との関係にフォーカスしがちで、友達や兄弟姉妹、隣人や同僚といった二次的な関係性の中に起こる力学を探求していくセラピストや理論は殆どない、もしくは全くないのが現状です。

 今回のワークショップでは、私たちが不快な人間関係に依存するメカニズムと理由を理解していきたいと思います。そして、その様な不健全なパターンを変容させ、今後そのようなパターンに再び落ち入らない方法をご紹介します。

 今回のワークショップで探求していくテーマは以下の通りです。


A)様々な人間関係

・ 子供の時に両親から学んだパターン

・ 兄弟姉妹から友人まで

愛と代償作用(精神的な欠陥を別の行動をとることによって補おうとする心理的な働き)

B)愛とその対局

・ 自我(ego)と呼ばれるものは何?

C)ミラー(鏡)のフェーズ

・ アイデンティティ・セラピーについての概略

・ ジャック・ラカンとフランソワーズ・ドルト

・ ミラーのフェーズについて(赤ちゃんがどの様に自分自身のイメージを発見し創造していくかについて)の2つの相違する見解

D)二次的な人間関係についての占星術、錬金術、カバラの見解

E) このテーマに関する神話、文学、映画

・ シェークスピアの2つの戯曲:リチャード2世とアテネのタイモン

・ アーサー王と円卓の騎士

・ In the Company of Men (映画)


ザビエによるこのテーマについての補足:

お気づきのとおり、人間関係のあらゆるテーマは風のハウスと関連があります。

兄弟姉妹、従姉妹、隣人、クラスメートなどは3室のテーマですが、ここで私達は友情に関する様々なパターンを身につけ始め、他者と関わり始めます。私はこれを近隣や接触の経験と呼んでいます。

7室でも私達は様々な人間関係を築いていく方法を習得していきますが、ここでは既に、その前の5室で身につけたパターンをひきづっています。私はこれを相補性の経験と呼んでいます。

11室では私達は自分自身を様々なグループや、社会的なネットワークに統合する方法を学び、ここで私達は社会や、自分より大きな何かに自身を統合させていく経験をしていきます。

4室と5室は自我とアイデンティティの感覚と関連しています。だから私達は鏡のフェーズを探求していくのです。火(アイデンティティ)のハウスは風(社会的活動)のオポジション(180度)にあるからです。

                                                                                                  

(上記内容につきまして、告知なく一部変更されることがあります)


★原文(英語)はコチラをお読み下さい。





★☆★お申し込み&お問い合わせ★☆★


    Step1 申込の必要事項をもれなくご記入の上、メールにてお申込みいただくか、

                    お申込みの必要事項(フォーマット)はコチラ   

                    送信先はコチラまで  
info@girasol-x.commailto:info@girasol-x.com?subject=WS%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BFmailto:info@girasol-x.com?subject=WS%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BFshapeimage_4_link_0

                メールフォームをご利用下さい。                            



    Step2 必ず1週間以内に、ワークショップ参加費全額を下記までお振込みください。

                              三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 普通口座 5782391 GIRASOL 倉持佳子

    Step3 以上をもって受付の完了となります。

    Step4   後日、ジラソルより確認書と会場地図をお届けいたします。


お申込みフォーマットはコチラps_format.html
申込はコチラまでmailto:info@girasol-x.com?subject=




【注意事項】
1)申込書のご提出とご入金の確認をもって受付完了となります。入金確認ができない場合、
申込み状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合がありますので、早急にお振込み下さい。
2)必ず、お申込みをされたご本人のお名前でご入金下さい。
3)お振込手数料は、お客様のご負担となります。ご了承下さいませ。
4)お振込票をもちまして領収書に替えさせて頂きます。
5)受付完了後、確認書と会場地図を郵送にてお届け致します。当日、ご持参下さい。

【キャンセル・返金について】
受付完了以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として料金の10%を申し受けます。払い戻し致しますので、ご指定の振込口座をお知らせ下さい。払い戻し額は、お支払済みの料金よりキャンセル料及び振り込み手数料を差し引かせて頂きますので、ご了承下さい。


 
ページのtopへ戻るshapeimage_9_link_0

ザビエ・ベトコート 2日間ワークショップ2013 授業風景

「人間関係セミナー 〜なぜ私たちは不快な関係性に依存するのか?
                                            そのメカニズムを理解しパターンを手放す」

10月26日27日の週末、東京芝公園のスペースミネルヴァにて、今年で来日13周年を迎えたザビエ・ベトコートの恒例、2日間ワークショップが開催されました。

通訳は、もうずっとザビエの通訳をお願いしている高瀬晴子さん。今回も大役を買って下さり、ありがとうございました。

ご参加下さった皆様も、すっかり常連さん。ミステリースクールのコアな生徒さんでもあります。ザビエの話について来て、このフィールドを形成して来て下さいました。
今年で13年。長い間サポート下さってありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします。また来年もお会いしましょう!!