Home    Top    About us    Who is Xavier    Column    Contact

 

ザビエ・ベトコート 2日間ワークショップ 2016 in 東京


「星の王子さま:自己発見と癒しのツールとして読み解く文学」

            ~インナーチャイルドに繋がり、

                            自分自身のクリエイティビティと真の人生を取り戻す~




日時:2016年10月15日(土)〜16日(日)

                10:00~17:00 (9:45〜 受付開始)

会場:日本橋ホール

     東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 KNビル 5階

            JR総武線「馬喰町」駅より徒歩1分

            都営新宿線「馬喰横山」駅より徒歩5分

            都営浅草線「東日本橋」駅より徒歩6分

        Google Map ⇒https://goo.gl/maps/q13s9SAzSWH2

参加費:48,000円(税込み)

通訳:高瀬晴子 


※会場はお靴を脱いでご利用頂きます。(土足厳禁)

    スリッパなど各自ご持参下さいませ。


★☆★お申し込み&お問い合わせ★☆★  

    メールフォームをご利用下さい 

        ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=933271


     メールでのお申込みは ⇒   info@girasol-x.com まで






「星の王子さま」を、生涯1度も読んだことがない人がいるでしょうか? 誰もが1度や2度は読んだことがあるのではないでしょうか? 「星の王子さま」は1943年に出版されて以来、聖書に次いで人々に読まれてきた本で、250もの言語に翻訳されています。「星の王子さま」は何故このように世界中の人たちを魅了してきたのでしょうか? 初版から数十年経った今になって、私はこの素晴らしい本に再び出会いました。そして、この本の持つ計り知れない潜在力と、この物語が明かしてくれる様々なセルフヒーリングの技法に驚嘆しました。

 

現代の神話といわれる「ピーターパン」は、大人とインナーチャイルドとの破綻した関係性について教えてくれます。それに対して、「星の王子さま」は、どのようにして自分のインナーチャイルドに繋がっていけばいいのか、そして、インナーチャイルドと繋がることで、いかにして私たちのクリエイティビィティ(創造性)、そして人生と命への愛を取り戻していけるかについて、私たちに教えてくれるのです。

 

とてもシンプルですが印象的なやり方で、「星の王子さま」は、大人の観点とインナーチャイルドの観点との対比を見せてくれています。この本の主要なテーマのひとつは、インナーチャイルドがどんな風に大人を導き、教育していくかについて学ぶことです。

 

この秋のワークショップでは、「星の王子さま」の文学的特質、「星の王子さま」が象徴する伝統、そして星の王子さまが歩んでいった心理的学的な、そして霊的、精神的な道のりについて探究していきます。ユング心理学と伝統的占星術の観点から、まず、この物語に出て来る原型(アーキタイプ)のプロセスについて学び、そして、自分の出生図に見てとれる原型のプロセスと自分自身との関連性をどのようにして見出していくかについても学んでいきます。

 

A) 物語の出所

    a) 著者のプロフィール。何故、サン・テグジュペリは「星の王子さま」を書いたのか?

    b) 著者の人生における「星の王子さま」の意味

 

B) 「ピーターパン」と「星の王子さま」の比較

    a) 「永遠の少年」の神話とアーキタイプ

    b) 現代版「永遠の少年」の神話:ピーターパン。ピーターパンは、何が問題だったのか?

    c) 星の王子さまは一体誰なのか?

 

C) 「星の王子さま」はどの文学のジャンルに属す作品か?何故、それを知っておくことが重要なのか? 

    a) 星の王子さまは小説か物語か?

    b) 書かれている形式(小説あるいは物語)について。

       私たちの精神にとって重要なメッセージを伝える形式とは?


D)「星の王子さま」のテーマ

    a) 「放浪」というテーマ

    b) 「旅」というテーマ

    c) 「愛」というテーマ

    d) 「探求」というテーマ

 

E)秘儀的占星術の観点から「星の王子さま」を理解する

    a) 星の王子さまとは誰なのか?

    b) この神話に関係する天体:太陽、水星、土星

    c) 金星と木星

    d) 「星の王子さま」の天体

 

F)「星の王子さま」の詩におけるシンボルとアーキタイプ

    a) 「飛行」

    b) 「砂漠」

    c) 「バラ」

    d) 「剣」

    e) 「蛇」

    f) 「星」

 

G)イニシエーション(通過儀礼)の物語

    a) イニシエーションの意味と目的とは?

    b) 「星の王子さま」はどのようにイニシエーションの道を示唆しているか?

    c) 私たちは、この物語に描かれるイニシエーションの道をどのように自分自身の人生に統合することができるか?



参考)

XAVIERSIMBOLOS ザビエ・ベトコートのブログ形式のコラム 2016年3月号

《星の王子さま》

http://xavierblog.exblog.jp/24169911/

 


※上記内容につきまして、告知なく一部変更されることがあります。


★原文(英語)はコチラをお読み下さい。






★☆★お申し込み&お問い合わせ★☆★


    Step1 メールフォームからお申し込み下さい。 ⇒ ★コチラ

                もしくは、申込の必要事項をもれなくご記入の上、メールにてお申込み下さい。

                    お申込みの必要事項(フォーマット)はコチラ   

                    送信先はコチラまで  
info@girasol-x.commailto:info@girasol-x.com?subject=WS%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BFmailto:info@girasol-x.com?subject=WS%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BFshapeimage_4_link_0
                          


    Step2 ワークショップ参加費全額を下記までお振込みください。

                    三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 普通口座 5782391 GIRASOL 倉持佳子

    Step3 後日、こちらから確認のご連絡をさせて頂きます。 以上をもって受付の完了となります。


お申込みフォーマットはコチラps_format.html
申込はコチラまでmailto:info@girasol-x.com?subject=WS%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF





【注意事項】
1)申込書のご提出とご入金の確認をもって受付完了となります。入金確認ができない場合、
申込み状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合がありますので、早急にお振込み下さい。
2)必ず、お申込みをされたご本人のお名前でご入金下さい。
3)お振込手数料は、お客様のご負担となります。ご了承下さいませ。
4)お振込票をもちまして領収書に替えさせて頂きます。
5)受付完了後、確認のご案内を致します。

【キャンセル・返金について】(2015年4月一部改訂)
受付完了以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として料金の10%を申し受けます。払い戻し致しますので、お振込み先の金融機関口座をお知らせ下さい。払い戻し額は、お支払い済みの料金よりキャンセル料及び振込み手数料を差し引かせて頂きますので、ご了承下さい。また、当日キャンセルは100%、前日キャンセルにつきましては50%を申し受けます。






 
ページのtopへ戻るworkshop2015.htmlworkshop2013.htmlshapeimage_9_link_0

【終了しました。次回は2017年10月の開催予定です】

ザビエ・ベトコート 2日間ワークショップ 2016 in 東京


「星の王子さま:自己発見と癒しのツールとして読み解く文学」

            ~インナーチャイルドに繋がり、

                            自分自身のクリエイティビティと真の人生を取り戻す~

10月15日16日の週末、浅草橋のホールにて、今年で来日30回目を迎えたザビエ・ベトコートの恒例2日間ワークショップが開催されました。
スペースは広々としてゆったりと学ぶことができました。

今年は、長らくザビエの直弟子として通い続けて下さってるオールスターメンバーお揃いでご参加下さって、感無量。
本当に長い時間かけて、とてもいいグループになってきています。
これは、みなさまおひとりおひとりが、ご自身に向かい合い、真摯に取り組んで来られたからこそだと思います。みなさまの歩みが、エネルギーを生み、凝縮した学びの磁場を形成して来ました。そういう場だからこそ、互いに響き合って共に刺激し合える、とても豊かなサイクルを生んでいると思いました。みなさまに感謝です。

今回も通訳は高瀬晴子さん。毎回ありがとうございます!

初日。緑のカーペットは思いの外、落ち着いて学習できました。^^

2日目。昔と違って、軽やかにお話が進んでいきます。昔のワークショップでは、ザビエが引き合いに出すお話が重た過ぎて、現実感がありすぎて、ついていくのに必死、2日目にはぐったりとしていたものでした。

星の王子さまを深く多次元的に紐解く講座となりました。

導き手としてのザビエの切り口は、あいもかわらず、

土星的で、揺るぎなく徹底して明瞭でしたが、、、

たくさんの示唆を受け取ることができました。


私たちは何かを征服ために地球にやって来た。

スピリチュアルな剣を携えて。

どのように愛するか、を学ぶために。

アルケミストとして。

肉体はいつかは滅びる。

けれどもエッセンスは決して死なない。

そのことに気づくことこそがイニシエーション。

鉛を金に変容させるプロセス。


来年は、星の王子さまを補完することになる

「鏡の国のアリス」を取り上げ、

完結させていくことになります。

これからもよろしくお願いいたします!

2日目は満月でした。
タイ料理屋さんでの打ち上げの後の帰り途。

橋の上から望む満月が本当に美しかったのです。
現実は、痛みを伴うこともあり、プロセスは平坦ではないけれど、、
この世はなんて美しくて、たくさんの示唆に満ちていて、夢と希望に溢れてるのだろう。

変容すること、そして創造的になること、これには犠牲が伴うものである。
喜び、優しさ、ユーモアと、悲しみは切り離せないものなのだ。